美術品の出張買取とは?メリットやデメリットは?

美術品,出張買取

美術品を売る方法はいくつかありますが、その中でもおすすめなのが美術品を専門とする買取業者を利用することです。
手っ取り早くそこそこの値段で売ることができるので、手間をかけたくない、あまり時間がないという方にはお勧めのサービスです。

 

専門の買取業者では基本的に「出張買取」「宅配買取」「持ち込み買取」という3つの方法から買取方法を選ぶことができます。

 

美術品の買取でよく利用されているのは、なんといっても出張買取。
今回はその出張買取についてご説明したいと思います!

 

出張買取とは

出張買取は自宅に査定士・鑑定士をお呼びして、査定や鑑定を行ってもらう方法でです。
直接話をしながら査定して貰いたいという方や、美術品を持って移動するのが困難だという方にぴったりの方法ですね。

 

美術品の出張買取のメリット

美術品,出張買取

なんといっても簡単に物事を進めることができることでしょう。
大手の買取業者では電話一本をかければ、その日のうちに査定に来てもらうことも可能です。
中には、電話をしてから30分で家まで来てもらえたという口コミもありました。

 

全部まとめて引き取ってくれるので家の中もすっきり片付きますし、宅配買取や持ち込みなどと違って何か特別な作業が発生するわけでもないので依頼者は家で待っているだけでOKです。

 

宅配買取のようなめんどくさい梱包作業もないですし、持ち込み査定のように重い荷物を運ぶ手間もありません。

 

気になる費用に関しても、最近の買取業者は査定にかかる費用を一切無料でやってくれるところが多いので、そういうところを選べば複数の業者に査定をお願いする場合でも安心だと思います。

 

ただし、美術品を売る時に気をつけることとして、中には鑑定料として手数料や査定後のキャンセル料などが発生するところもありますのでご注意ください。

 

事前にそれぞれの買取業者のシステムなどはしっかり調べておくと安心ですね。

 

美術品の出張買取のデメリット

美術品,出張買取

美術品の買取業者の中には、最初にわざと安い買取価格を提示して、こちらの反応を見ながら駆け引きをしてくるところもあるようです。

 

宅配買取ならば直接顔を見て話をするわけでもないのでそのようなこともないですし、持ち込み査定の場合は駆け引きされる可能性があるものの、お店から逃げることもできます。
ただ、出張買取の場合はスタッフが自宅に来ているわけですから、ちょっと勝手が違います。

 

その駆け引きに応じても相手は美術品の知識があるプロですので勝つことは非常に難しく、結局は色々言い包められて安く買い叩かれてしまうのが関の山です。
そういった「駆け引きには一切応じない」ことが大切です。

 

一番スマートな方法としては、「その場ですぐに答えを出さない」ことです。

 

査定が終了し買取価格を提示されたらその日は一旦保留にして、他の買取業者でも査定をして貰って比較するといいでしょう。

 

これが一番、無駄に時間や労力などを使わないで高く美術品を売れる方法だと思います。

美術品,出張買取

 

中には強引にしつこく買い取ろうとしてくる業者もあるかもしれませんが、このような悪質な業者とは絶対に取引をしないということも美術品を売る時に気をつけることです。

 

本来、買取業者は1品でも多くの商品を買取りたいと思っているものですが、きちんとした鑑定を行って、その品に見合った適正な買取価格を提示する優良な業者ならば、まずこのような押し買い行為は絶対に行わないはずです。

 

優良な大手買取業者のホームページには「その場で売却を決められなくても、後日その時の査定価格で買取をいたします」と記載しているところもあるぐらいですので、

 

その場で決断を迫ってくるような悪質な業者とは絶対に取引をしないで下さい。

 

査定をして貰ったからと言って必ずしも売却しないといけないというわけではありませんし、キャンセルすることは自由ですので、

 

もしも悩んだ場合はその場で決めることはせずに少し時間を置いてみるか、他の買取業者と比較査定してみても良いと思います。

 

基本的に壺やガラス製品など割れやすいものは宅配買取は利用出来ませんが、それ以外の壊れる心配のない美術品ならば宅配買取も受け付けてくれるところがあります。
家に他人を入れるのがどうしても嫌だという場合は、宅配買取や持ち込み買取をご利用されてもいいかもしれませんね。