美術品を売るときに損をしないためには?

美術品,売る

美術品を売る時に気をつけたいことがあります。

 

家の片付けをしたい
美術品の趣味が変わってしまった
遺品の美術品をなんとかしたい

 

美術品や美術品を売る理由は人それぞれですが、少しでも高く売るために気をつけたい共通点があります。
これを押さえておくだけで、買取金額が大きく変わってくることも。
反対に、知らないと損をしてしまう可能性もあるんです。

 

そんな美術品や美術品を売る時に損をしないために押さえておきたいことは以下の2点!

 

美術品の専門業者に買取してもらう
できれば複数の業者で相見積もりをする

 

この2点を押さえておくだけで査定額は変わります。
それぞれについて詳しく解説していきますね。

 

 

美術品の専門業者に買取してもらう

美術品,売る

美術品というのは、見る人によってその価値が大きく変わるものです。
例えば1つ1,000万円の絵画であっても、価値がわからない人にとってはただの絵。

 

つまり、その価値を正確に把握している人でないとすばらしい美術品も無価値になってしまいます。

 

ですので、美術品や美術品を売る時にはその価値をわかっている専門業者に買取をしてもらうのが鉄則です。
間違っても近所のリサイクルショップに持っていってはいけません。

 

買取業者選びで参考になるのは、ホームページなどにこれまでの美術品の買取実績を詳細に載せているところです。

 

どのようなものを幾らで買取したのか分かるので、ある程度その業者の相場感も掴めますし、その業者が美術品の買取を得意としているかどうかも分かります。

 

またはネットでの口コミや評判などをチェックするのも良いかもしれません。
どんなものを幾らぐらいで買取して貰ったのか、対応はどうだったのかなど、その買取業者を利用した人のリアルな感想などを知ることが出来ますので、買取業者の選定をする上でも参考になるのではと思います。

 

優良な買取業者選びは美術品や美術品を売る時に非常に重要です。

 

ネットなどを使って情報収集しつつ、慎重に買取業者を決めることが大切です。

 

できれば複数の業者で相見積もりをする

美術品,売る

美術品や美術品の価値はブランド品などのように定価からの買取相場というものがあるわけでもないので、鑑定や査定はとても難しいと言われています。

 

その美術品が本物か偽物かを見極めるのは、何もX線検査をしたり素材を調べてみたりといった科学的な鑑定を行っているわけではなく、鑑定士の目利き一つで決まるもの。

 

鑑定士といってもそれぞれ知識の量や幅も違いますし、鑑定歴なども差があります。
ですので、同じ品物を鑑定して貰っても査定価格はその店によって違うのは当然のことかもしれません。

 

そこで一番確実なのは、一つの買取店だけではなく、複数の買取店で鑑定・査定をして貰って比較をすることです。
出来るだけ多くの買取店の中で比較をすることが望ましいですが、あまりにも多いと大変なので少なくとも3社ぐらいを目安にされるといいと思います。

 

その中で一番高い査定額をつけてくれた業者に買取をしてもらうことが、一番高く美術品を売る方法となります。

 

美術品の買取業者については、以下にご紹介しています。
ネットで口コミが良く、買取実績も多い、おすすめの業者をランキングにしてみましたので宜しければご参考になさってください。


美術品を売る業者の選び方。評判の良いお店はどうやって探せばよい?

美術品,売る

美術品の買取を行っているお店はネットなどで検索してみるとお分かりになるかと思いますが、意外にもたくさんあるんですよね。
これだけたくさん美術品買取店の中から選ぶとなると、どこに買取を依頼したらいいのか迷ってしまうと思いますが、そんな時に役に立つのが美術品買取の口コミサイトです。

 

買取店のホームページにはまず良いことしか書いてありません。
大体どこも「どこよりも高く買取ます」「親切丁寧な対応をしています」などの似たようなことばかりが書いてあって何を参考にしたらいいのか分からなくなることも。

 

美術品買取の口コミサイトには実際にその店を利用した人が「どんなものをいくらぐらいで買い取って貰った」とか、「スタッフの対応はどうだったか」など良いことも悪いこともそのまま書いてあります。
その買取業者を利用した人のリアルな感想などを知ることが出来ますので、買取業者の選定をする上でも参考になるのではと思います。

 

美術品買取の口コミはネットで検索すると色々出てくると思います。
口コミサイトはもちろんのこと、複数の美術品買取店の特徴などをまとめてランキング形式にしているサイトなどもおすすめです。
美術品を売る際の買取店選びにぜひお役立てください。

 

当サイトではネット上の評判をもとに買取業者をランキングでご紹介しています。
こちらも合わせてご参考になさってください。

 

実際の美術品の買取実績も業者選びの参考になります

美術品,売る

美術品の買取専門業者のHPをみると、実際に過去に買い取った美術品や美術品の参考買取額などが載せてあることがあります。
この実績数が多いのも、業者選びの1つの指標になります。

 

買取実績を誤魔化してHPに載せることは違法になりますので、業者としても実際に買い取った金額を載せることになります。
どのようなものを幾らで買取したのか分かるので、ある程度その業者の相場感も掴めますし、その業者が美術品の買取を得意としているかどうかも分かります。

 

また、買取実績数が多ければ、それだけ利用している人も多いということになります。
更新頻度が高く、直近の実績が書かれているというのは、選ぶときの1つのポイントにはなりますね。

 

美術品の査定方法は3つ。持ち込み査定、宅配査定、出張査定の違いとは?

美術品,売る

美術品を売る時には、まずその美術品がいくらで買取してもらえるか査定をうけます。

 

その査定方法は大きく分けて持ち込み査定宅配査定出張査定の3つの方法に分かれます。
それぞれに良い点、悪い点がありますので、詳しく解説していきますね。

 

美術品の持ち込み査定について

美術品,売る

持ち込み査定というのは、買取業者の店舗に商品を持っていき査定してもらう方法です。
来店査定などとも呼ばれます。
予約無しの飛び込みで査定を受けられるところもありますが、多くは予約制になっているようです。

 

良い点としては、実際に査定士・鑑定士と話をしながら査定をしてもらうため、納得のいく取引が行われやすいところです。
もし鑑定結果が偽物だとしても、その美術品のどこがいけないのかなど直接はなしを聞くことができるので、腑に落ちやすいかと思います。
対面ですので、買取額の交渉がしやすいのも持ち込み査定の特徴の1つです。

 

一方で、店舗まで美術品を持っていかないといけないのがデメリットです。
大きいもの、重たいものだと、結構たいへんかもしれませんし、万が一破損などしたら価値は下がってしまいますので、慎重に持かなければなりません。
交通費もかかるため、店舗まで距離がある場合にはあまりおすすめはしません。

 

美術品の宅配査定について

美術品,売る

宅配査定というのは、宅配便を利用して美術品を送り、査定をして貰う方法です。

 

宅配査定の良い点は、自分のペースで査定を行えるところ。
持ち込み査定や出張査定は予約制になりますので、時間の拘束がありますが、宅配査定の場合は自分の時間がある時に行うことができます。
宅配料金については、自己負担の場合と業者側が負担してくれる場合とどちらもあります。

 

デメリットとしては、郵送によるトラブルはほとんど自己責任として扱われてしまうこと、補償がつかないなどのリスクはあります。
また、やり取りはメールや電話になりますので、交渉などがしにくいのもマイナス点かもしれません。

 

美術品の出張査定について

美術品,売る

出張買取は、あらかじめ予約した日時に査定員が自宅まで来て査定をしてくれるというものです。

 

良い点は、なんといっても運ぶ手間がないこと。
美術品や美術品に関してはやはり壊れ物が多いということや、査定時にきちんとした説明が必要なこともあって、どちらかというと対面で査定して貰える出張買取が現在主流になっているみたいですね。
また、美術品以外にも大量に売りたい品がある場合も便利です。

 

美術品の買取業者では、美術品や美術品以外にも、着物、金、宝石などの買取も同時に行える査定士を揃えているところが多いので、家の中の整理をしたい場合などは出張査定が一番合っている方法だと思います。

 

美術品の買取を体験した方からは美術品買取で持ち込み、宅配、出張で一番おすすめなのは、出張査定であるという口コミが多いです。
美術品の買取は時間も労力も使うので意外に疲れるものらしいです。
それを出来るだけ最小限に抑えてくれるのが出張査定のようですね。

 

デメリットとしては、悪質な業者を選んでしまった場合にあります。
少し前、出張買取でこちらが「帰って欲しい」と伝えても何時間も居座って「押し買い」をする悪質なケースが社会的に問題になったことをご存知でしょうか。

 

現在はこのような行為は法律で規制されていますので、ここまでの悪質な業者は少なくなったと思われますが、もしもこのような場面に遭遇したら強い意思を持ってはっきりと断りましょう。

 

どの査定方法を選ぶかは品物の種類や数、状況によって決めましょう

美術品,売る

以上、「美術品買取なら持ち込み、宅配、買取、どれが一番いい?」という疑問について色々とご紹介してきました。

 

それぞれの査定方法に良い点、悪い点があります。
ですので、美術品買取で持ち込み査定、宅配査定、出張査定どれを選ぶかは買取に出す品物の種類から考えるといいと思います。

 

美術品や美術品といっても色々な種類のものがあります。
たとえば切手や衣類など、配送中に壊れたり傷ついたりする心配のないものに関しては「宅配査定」がいいと思います。
出張査定はその場で鑑定するので、切手のようにアルバムで何枚もある場合などは仕分けたりする時間もかかるので、その時間は待たなければなりません。
あまりに時間がかかる場合はいったん持ち帰って、後日メールで査定結果をお知らせする場合もあるようです。

 

これでは結局、宅配買取と同じになってしまいますよね・・・。

 

結論としては、美術品の種類と量、また美術品の価値なども考慮して選ばれるといいのではないかと思います。
壊れやすかったり傷みやすいデリケートな美術品は出張買取を、特にそういったリスクがない美術品でしたら宅配買取もしくは持ち込みでも良いと思います。

 

美術品の種類や性質によって買取方法を選ぶこと、自分が何を優先させたいのかを考慮しながら買取方法を選ぶのがいいですね。

 

 

 


美術品を売る前に確認しておくべき鑑定ポイント

美術品,売る

美術品の買取の中には「知り合いに譲ってもらったものなので、本物かどうか分からない」という方がけっこういるそうです。

 

ですが、そんな丸腰では二束三文で買い叩かれてしまうのがオチ。
少しでもその美術品の価値を把握しておくことは、美術品を高く売るためにはとても大切なポイントとなります。

 

鑑定士と対等に話が出来るぐらいの知識を身に付けるというのは到底無理な話ですが、素人でも美術品や美術品を見分ける簡単な方法はありますので、これを押さえておくだけでもいいと思います。

 

作家物であるかを確認するために落款や刻印、サインを見る

美術品,売る

1つ目の美術品を見分ける方法は、それが「作家物」かどうかを確認する事です。

 

著名な作家が作成した美術品かどうかということですね。
それを見極めるために「落款」や「銘」と呼ばれる印であったり「サイン」を探してみましょう。
美術品を収めている共箱や美術品の裏側、蓋の裏など、何かしらの作家名と思わしき名前があれば期待出来ます。

 

生産された年代を確認する

美術品,売る

付属品や共箱などにいつの時代のものかが記載されている事がありますのでそれを確認してみましょう。

 

一つの目安として、明治時代以前に作られたものであれば価値のある可能性が高くなると言われています。
美術品の価値は「希少性」が大きく関係してきます。
古くても現存数が多すぎれば高い価値は期待できませんが、単純に美術品は古ければ古いほど希少性が高い可能性が高いとも言われていますので生産された年代を確認することは重要です。

 

素材を確認する

美術品,売る

使用されている素材を確認する事で、その美術品の価値もある程度を知ることが出来ます。

 

例えば「象牙」「血赤珊瑚」「翡翠」「金銀製品」などは、宝石ならダイヤモンドやエメラルドとも言われるぐらいの価値が高いものであるようです。
象牙で出来た置物などはもちろんのこと、一見古いやかんに見えるものでも、金や銀で作られた「金瓶」「銀瓶」であれば数十万〜百万以上の価値が期待できるようです。

 

また、これらの素材が一部に使われているだけでも価値が期待できると言います。
例えば茶道具である「鉄瓶のつまみ」部分のみに、これらの素材が使われていた場合は富裕層が芸術品として満足するために作らせた「嗜好品」である可能性が高く、希少性や芸術性も高く価値も期待出来るということになります。

 

もちろんこれらは表面的な情報に過ぎないので、本当の鑑定はプロにお任せしないといけませんが、これだけでもある程度、価値のある美術品かどうかという期待値は見分ける事が出来るかと思います。

 


美術品を売る手段について。それぞれのメリット・デメリットは??

美術品を売る手段はいくつかあります。
今まで、専門業者への買取をご紹介してきましたが、今回は他にもある美術品の売る手段をメリット・・デメリット合わせて解説します。

 

フリマアプリで美術品を売る

今、モノを売る買うで人気なのがフリマアプリです。
メルカリ(mercalli)フリル(FRILL)などはTVCMが流れていますので、存知の方もいらっしゃるかと思います。
若い世代を中心に売買されることの多いフリマアプリですが、美術品を出品することができます。

 

フリマアプリ大手のメルカリで出品されている様子はこちらになります。

 

美術品,売る

参考:メルカリ(mercalli)公式サイトhttps://www.mercari.com/jp/

 

メルカリではエンタメ・ホビーの分類になりますが、カテゴリーの中には5万点以上の商品がありました。
陶芸品、絵画、タペストリー、書物、写真、漆芸、ガラス製品、金属工芸品、版画などの美術品が多く出品されています。

 

メルカリの利用の仕方はとても簡単です。
出品はスマホで商品の写真を撮り、特徴や希望売却価格を入力するだけ。
購入された方がいたら、発送をする。

 

また、お金のやりとりについてはメルカリが仲介してくれるのが特徴で、商品が購入者に届いてから出品者に振り込まれるシステムになっています。
発送も匿名で行うことできたり、メルカリ便という送料がお得になったり追跡保証がついている宅配便などもあります。

 

意外と出品・発送などの手間は大きくない方法なので、処分・整理・売却したい美術品の点数が少ない場合などにはオススメの方法です。

 

骨董市で美術品を売る

美術品,売る

美術品を購入する時に、骨董市を利用する方もいらっしゃるかと思いますが、もちろん売ることも可能です。

 

骨董市の形態は多種多様で、中には500を超える出店ブースとなるような大規模なものまであって1日では見切れないほどです。
土日に開催されることが多いようですが、開始時間が朝5時や6時などとても早いのも特徴です。

 

骨董市は趣味で美術品を集めている一般の人が気軽に立ち寄れるようなものから、業者の買い付け場所状態となっているようなものなど色々あります。
それぞれで雰囲気もハードルも違うと思うので、事前によく確認されるといいと思います。

 

骨董市で美術品を売却するときの注意点もあります。
骨董市は壊れ物や値打ち物が集まることの多い場なので、色々な細かいルールや規則などが事前に告知されます。

 

例えば、出品物の年代や種類などの方向性、ブースの使用料金、店舗の設営の仕方、車で来る場合の許可の取り方、出店中古物商許可証はどこに提示しておくか等。
遵守しない場合は出店申込や出店自体を取り消され、設置物や出品物の撤去を言い渡されることになることもあります。

 

また、出店中も決まりを破った場合にはすぐに退場させられ以後の出店も禁止されることもあるので、各骨董市によって取り決めは違うため、一つ一つの事項をしっかり確認しておく必要があります。

 

古物商許可証は必要?不必要?

古物商許可証とは中古品を扱う店で働く人であれば必ず取らなければいけない免許のこと。
古物の買取をしている業者は必ずこの古物商許可証を持っています。

 

骨董市ではこの古物商許可証が必要な場合と、不必要な場合に分かれます。
これは、その骨董市の規模などにもよるのですが、必要な骨董市ということは業者が集まる規模のものであると言えます。
このようなプロが集まる骨董市には来場者もそれなりの専門知識を求める場合は多いです。

 

遺品整理などで出てきたものを1度販売するくらいであれば、買取業者を利用したほうが手間も負担も省けるかと思います。

 

オークションで美術品を売る

美術品のオークションは、ヤフオク!などのオークションと、会社が行う高級美術品のオークションがあります。
それぞれについてみていきましょう。

 

ヤフオク!のオークションについて

オークションと聞いて、普通に思いつくのはヤフオク!などのインターネットのオークションシステムではないでしょうか。
ヤフオクでも美術品を出品することはできます。

 

美術品,売る

参考:ヤフオク!公式サイトhttps://auctions.yahoo.co.jp/

 

ホビー、カルチャーのカテゴリーには洋画、日本画、人物画、版画、掛け軸、仏画、仏像などのアイテムが出品されていました。
出品者は個人の方もいれば、法人の方もいるようです。
どちらにしても、個人の方も古物商許可証がなくても売ることができるので、売りたい美術品の数が少ない場合などには利用されてもいいかもしれません。

 

オークション会社による美術品の売買について

美術品,売る

美術品の売り買いの場として、企業による美術品オークションというものもあります。

 

基本的にプロの古美術商の方や、資産家の方で贅沢な趣味として美術品収集をされている方が参加される場所となります。
主催者が真贋を見分けて保存状態なども厳しくチェックしており、参加者も専門家なので価値ある美術品なら適正価格で落札される可能性は高いです。

 

参加登録料をはじめとして、それなりの費用がかかるので高値が付くことがわかっている美術品でないと出品する意義はあまり無さそうです。

 

このように美術品を売る方法として様々な形態のオークションがありますが、共通して言えるのはごく少数の人にしか価値を認められていないアイテムでも高値で売却できる可能性があるということです。

 

美術品買取業者などはビジネスなので、需要の少ないものは販売時のリスクが大きいので高値で仕入れをしたがりません。
しかしオークションならば、非常にニーズの少ない物でも世界中に数人しかいない買い手に出会える可能性が生まれます。

 

リアルタイムで買値を決められるシチュエーションなので、数人が競り合うだけで落札価格がどんどんアップすることもあるので、思わぬ高値で売れるということがあるかもしれません。
もちろんオークションに出品したからといって必ず落札されるわけではありませんが、ごく少数のマニアがいるアイテムならば出品してみる価値はありそうです。

 

ご自身にあった売買方法を選びましょう

美術品,売る

以上、フリマアプリ、骨董市、オークションで美術品を売る方法、特徴などについてご紹介しましたが、3つに共通しているのは買取店では値がつかないような美術品でも、これらの方法なら売れる可能性もあるということです。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、ご自分にあった方法で出品してみることをオススメします。

 

ただし、美術品買取業者へ売るよりもこれらの方法で売るほうが必ず高い利益が見込めるかというと少し難しいかもしれません。

 

ブランド品などは定価もあり売り方も分かりやすいので個人でも調べる事で高く売る事は可能です。
しかし、美術品の場合は定価もなく売り方も難しく、調べても情報がほとんど出てこないので高く売るということが非常に困難です。

 

骨董市やオークションなどで利益を出せるのは、基本的に普段から専門的に美術品を収集していて深い知識と経験などがある方なので、あまり自信のない方だとまずは買取店を利用するのが無難だと思われます。

 

専門の鑑定眼を持つ買取店に依頼することでその品物に見合った適正な価格で買取をしてくれます。
ですので、手間や負担などを考えても信頼できる買取業者を探す方が安心でお手軽と言えそうです。

美術品を売るときの注意点。高く買取してもらうために気をつけることとは?

美術品,売る

美術品を売るときの注意点は「美術品の買取専門業者に依頼する」ことに尽きます。

 

もちろん、家電や洋服などの総合買取業者などでも売ることはできます。
ですが、中には少しネットで調べた程度の知識で適当な鑑定をし、自分たちが売る時に赤字にならない程度の安い金額を提示してくるところもあるでしょう。

 

優良な正しい評価ができる買取業者ならば、査定時に「この美術品はどんなもので、どれぐらいの価値があって、こういうダメージがあるので○円になります」など、なぜその価格になったのかの根拠や説明を納得のいくまできちんとしてくれるはずです。

 

ですが、美術品の知識に乏しい買取業者だと買取価格しか言ってこなかったり、説明も何だか曖昧だったりしますので、その辺もしっかり確認するようにしましょう。

 

このような買取業者に依頼してしまうと、せっかく価値の高い美術品であったとしても、その価値に到底見合わないような安い価格で売却する羽目になります。

 

後で「売らなきゃ良かった」と後悔をしない取引をするためにも、こちらも遠慮せずに疑問に思うことなどはとことん質問をして、きちんと誠実に対応してくれる買取業者を選んでください。

 

買取業者はココに注意して選びましょう!

 

買取業者選びで参考になるのは、ホームページなどにこれまでの美術品の買取実績を詳細に載せているところです。

 

美術品,売る

 

上の画は美術品買取を行っているスピード買取.jpのサイトに記載されていた買取実績をお借りしました。
具体的に、どんな美術品、骨董品をいくら位で買取したかが書かれています。

 

このように実績が載せてあれば、どのようなものを幾らで買取したのか分かるので、ある程度その業者の相場感も掴めます。
また、その業者が美術品の買取を得意としているかどうかも分かります。

 

また、ネットでの口コミ評判などをチェックするのも良いかもしれません。
どんなものを幾らぐらいで買取して貰ったのか、対応はどうだったのかなど、気になることは美術品買取の口コミなどが参考になるかもしれません。

 

優良な買取業者選びは美術品を売る時に非常に重要です。
ネットなどを使って情報収集しつつ、慎重に買取業者を決めることが大切です。

 

買取業者の選び方については別ページで詳しくご紹介していますので宜しければごらんください。

 

美術品を売った体験談をまとめました

美術品を売ったという方の体験談をまとめました。
手段、売れた値段、感想などから、それぞれの方法のメリット・デメリットが見えてきます。

 

古美術商に持ち込んで売ったケース

美術品,売る

ラジオCMで流れていた古美術商のところに掛け軸を持ち込んでみました。

 

けっこう名のある有名な画家の掛け軸で、サイン(落款)もきちんと書いてありました。
査定額は10万円ぴったり。

 

共箱(作者の直筆の題名とサインが入った掛け軸を保管する箱。保証書の役割もある)があれば、もう少し査定額も上がると言われました。

 

他の古美術買取店にも査定をお願いするか迷いましたが、足を運ぶのが面倒なので、その古美術商のところに売りました。

 

感想

評価としては、満足です。
自分が思っていたよりも低い金額でしたが、箱がなかったりと不備もあったのでしょうがないかなと思います。

 

本来であれば、違う店にも行って比較査定をするべきかもしれませんが、めんどくさいのでそこまでは・・・。

 

出張査定で遺品を売ったケース

美術品,売る

祖父の遺品整理をして出てきた美術品。
相続しようにも、誰も美術品には興味がなく困っていました。

 

換金して配分しようと家族で相談していたところ、見つけたのが美術品の出張査定業者でした。

 

多趣味な祖父でいろいろな美術品をコレクションしていました。
陶磁器やガラス器などの割れやすいものがあったり、彫刻など持ち運ぶのが大変なものがあったので、出張してもらい大変助かりました。

 

感想

祖父が美術品を総額いくらで購入したのかは分かりません。
が、50万で全部を買い取ってもらいました。
私はこれらの美術品の価値が分からないので、本来の相場が分かりませんが、50万で売れたので良しとします。

 

ネットで口コミの良いところ選んだケース

美術品,売る

両親が断捨離をしたいということで、相談を受けました、

 

そこで、美術品が売れる店の中でも、口コミが良さげなところを3社ピックアップし父に紹介しました。
そのうちの2社に査定をお願いし、高く見積もりをしてくれたところに売ったそうです。

 

感想

私自身、以前車を手放すときに複数の買取業者を利用し、納得できる金額を提示してくれたところに売った経験があります。

 

何でも売るときは、口コミの良い店を探し、相見積もりをしてもらうことで、高額査定が引き出せるものだと思います。

 

また、なぜこの買取額になるのかしっかりと説明をしてくれる誠実な態度も大切。
適当なところに売るのではなく、信頼のおける店を探すのはとても需要だと思います。

 

体験談まとめ

美術品,売る

美術品を売る手段はいくつかあります。
どの手段を選ぶかは、ご自身のお住まいの地域や移動手段などで変わってくることでしょう。

 

ただ、共通していえるのは「真摯な態度で査定をしてくれるところを選ぶ」ということ。

 

遺品整理などでその美術品の本来の価値が分からずに売ろうとしている場合はとくに気をつけてください。
買取店も商売ですので、客の足元を見てくるところもあります。

 

悪徳な業者に引っかからないようにするためには、口コミでしっかりと評価されているところを選べば間違いでしょう。

 

これから美術品を売るつもりでいる方は、ぜひご参考になさってくださいね。